私るりぃが東方とかゲームについて話したりするよ!相互とかブロとも、コメント大歓迎です☆ミSOUND HOLICやあんきも、miko、石鹸屋、らむだーじゃんなど現状200!程度そして例大祭7の最近の東方歌詞も揃えております!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Memoir
歌:Cherose
原曲:妖怪の山?Mysterious Mountain

マージナルの大地 遥か彼方
縁に流れゆくあいの風
指先ぬらし 感じる愁い
匂いを色を 故京に寄せて


風に名前刻んで また流れて 辿り着く先に
誰も見たことのない この地 脈づく命よ


風よ あいの風よ もう一度この手に戻れ
雄雄しく立つ大地 踏みしめられるのならば
人はこの世への最後の灯火であると
その右手に 握る 儚き 命を 揺らせよ



残想に高く はためく意志
いつもの麓 足元隠し
叶うことのない 祈り乗せて
流れ続ける ただひとすじに



砂に舞う透明の 尊き魂の群れ乗せて
人は後悔の中 ひとつだけ希望満たす



果ては懐かしきに 誰の場所 馳せてゆく想い
鳥が心 連れてゆくなら 羽に託そう
危し世界にも一重の証となる縁
人はいつか気づくだろうか 命の光に


風よ あいの風よ 人々に優しく降れと
東の空 描く 願いに 今も 塞き上ぐ
風は戦ぎ往き 見慣れた風景見下ろしては
その右手に眠る 目映き 命を 照らせよ


From the marginal continent, so far away,
Flowing upon fate comes a wind of love.
It paints my fingertips, filling me with a sorrowful homesickness,
Calling scents and colors to the old capital.


With its name engraved on the wind as it flows again, I arrive at
A land no one has yet seen, a land that pulses with life.

O wind, o wind of love once again return to my hand!
O gallant continent, if you are tread upon,
I would say people are to this world the light of its end;
I grasp your right hand and set free to wave this transient life.

Filled with regretful emotions and will waving like a banner,
At the foot of this mountain as always which hides my footsteps,
I call upon an unanswerable prayer, and
Keep flowing, along in the same vein.

I call upon a group of transparent precious souls dancing in the sand;
To people filled with regret, this fulfills their single hope.


In the end, in reminiscence, thoughts will race to each’s own place
If this bird’s heart is brought along with it, I’ll entrust it to my wings.
In even this strange and dangerous world, fate has one layer of truth.
I wonder when people will awaken to this light of life?

O wind, o wind of love, rain down gently upon the people
O eastern wind, draw and raise the floodgates upon their wishes even now,
The wind rustles and goes on its way, looking down upon the town I’ve always known.
In your right hand I sleep, and let shine dazzling life.



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vrurihimev.blog63.fc2.com/tb.php/481-05c81b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。