私るりぃが東方とかゲームについて話したりするよ!相互とかブロとも、コメント大歓迎です☆ミSOUND HOLICやあんきも、miko、石鹸屋、らむだーじゃんなど現状200!程度そして例大祭7の最近の東方歌詞も揃えております!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足音立てずに そっと近づく
扉の前 耳を澄ませ
踏み込む 勇気もなくて
その内側に 棲み着く少女は
じっと こちらを覗いては
小さく 胸ノックした

「さぁ、怖がっていないで」
君が思う世界が 外側にはないのかもしれない

少女は 好きな色を纏う
写した鏡の奥見て 笑う
扉の向こう側に 待った
大人の自分に 憧れ抱いて

目を閉じていても 君を描ける
そのくらい 次に言うことが
手に取るように 解って
真似してみせた 喜怒哀楽は
いつしか 色重ね過ぎて
一人が 好きになった

そうなってしまう前に
ちゃんと 言うことが出来るかなぁ?
君を ずっと想ってることを

少女は君の色で描く
どれだけ優れてる名画よりも
扉の向こう側に立った
大人の現在が たまらなく愛おしい

「さぁ、怖がっていないで」
君が想う世界が 明日にはあるのかもしれない

少女は 好きな色を纏う
写した鏡を 気にして笑う
扉の向こう側のような
大人の自分に 憧れ抱いて
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://vrurihimev.blog63.fc2.com/tb.php/466-53d3025d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。